有働由美子・桑子真帆・杉浦友紀、NHK女子アナ「春の大改編」の内幕 - 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
アナウンサーだって勤め人。我らサラリーマンと同様に、査定もあれば昇格もあるし、さらには異動もあるんです。 有働由美子アナが『あさイチ』を降板. 今や質量ともに民放を圧倒するNHKの美女アナ軍団。そのトップ7、通称“神セブン”の顔ぶれが、春の番組改編とともに大変動することになる。“震源地”の一つとなったのが ...
(出典:週刊女性PRIME [シュージョプライム])



(出典 storage.mantan-web.jp)



1 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:12:22.15 ID:k18p06+D0●.net BE:322453424-2BP(2000)


「今大会も大いなる盛り上がりを見せましたが、女性キャスター陣も、良くも悪くも色々と“魅”せてくれました」(女子アナライター)

 平昌五輪の開会式中継で、いきなりやってしまったのが、NHKの桑子真帆アナ(1987年5月30日生・30歳)。
 「今日の閉会式を通じて力強く表現された平和への願いも大切にしたいですね」
 と開と閉を間違って放送してしまったのだ。
 「一瞬、大会が終わってしまったのかと勘違いしてしまいました。翌日のBS1での再放送では、言い間違いの部分は、見事に“カット”されていました」(スポーツ紙記者)

 五輪キャスター発表会見では、
 「厚いインナーをはじめ、足に張るカイロも持っていきたい。芯から冷えても体の中から熱く伝えたいです」
 と抱負を語っていた桑子アナ。
 「気合いが入りすぎて、ちょっと空回りしてしまいました。しかし、失敗はどのアナウンサーにもあるもの。今後に活かせれば何ら問題はありません」(NHK関係者)

 桑子アナは長野放送局~広島放送局を経て、2015年、東京アナウンス室に異動。バラエティー番組の『ブラタモリ』で大ブレークし、深夜の『ニュースチェック11』を担当、2017年4月、『ニュースウオッチ9』のキャスターに抜擢された。
 「一部で、“ニュースなのに、ニコニコしすぎ”という批判はありますが、昨年大晦日には『紅白』の総合司会を務めるなど、今やNHKを代表する女子アナとなりました。“ポスト有働由美子”の有力候補の1人です」(女子アナウオッチャー)

 プライベートでは、昨年5月、フジテレビの谷岡慎一アナと入籍。“人妻アナ”となった。
 「画面を通してでも、“フェロモン”が増量しているのがよく分かります。*もCからEカップ*になっていると思いますが、彼女の場合、お尻が凄くいいんです。ブラジルのサンバダンサーのように、“プリプリッ”としているんです。突き出たその形は、まるで“桃尻”のようです」(前出・女子アナライター)


https://wjn.jp/sp/article/detail/5473041/





2 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:13:03.98 ID:6wgyjPxJ0.net

ああそうですか


3 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:15:03.53 ID:PAR5IAZW0.net

ブラタモリでの桑子アナは良かったな


12 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:32:27.36 ID:RYFeuMGj0.net

>>6
これを見に来た


7 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:18:06.18 ID:mdryaYrK0.net

桃尻
https://www.weblio.jp/content/%E6%A1%83%E5%B0%BB


8 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:18:32.39 ID:efSvgyvp0.net

フジとかのバカな女子アナのお陰で、テレ東やらNHKやら
その他やらの、その辺の姉ちゃんみたいな顔した
女子アナの株上がってるよな。


10 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:20:25.41 ID:BjowZnUw0.net

イントネーションが嫌い。
説明口調のとき、
「〇〇なんで す!」
と、語尾が強い。

桑子だけじゃなく、ここ数年増えてるが。


16 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:41:01.89 ID:P0ZMIn1S0.net

まるで桃尻と言われても
桃尻てなんだよ


18 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:49:08.74 ID:/XseIDG90.net

>>16
《桃の実の尻(実際は頭)が、とがっていてすわりの悪いところから》
馬に乗るのがへたで、尻が鞍の上に安定しないこと。
「―にて落ちなんは、心憂かるべし」〈徒然・一八八〉