人気女子アナ&アイドルまとめブログ

今テレビを賑わせている人気女子アナ(フリーアナウンサー)とアイドルの情報をまとめています。女子アナは今テレビで見ない日はないテレビ各局の女子アナとフリーアナウンサーの情報を、アイドルは今大人気のAKB48と乃木坂46のグループとメンバーの情報を2chから集めています。

    カテゴリ: 桑子真帆


    桑子真帆アナは産休したくなかった?谷岡慎一アナとの離婚の裏
    桑子真帆アナは産休したくなかった?谷岡慎一アナとの離婚の裏  livedoor
    (出典:livedoor)


    桑子 真帆(くわこ まほ、1987年5月30日 - )は、NHKのアナウンサー。 神奈川県出身。私立鴎友学園女子高等学校、東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)卒業。2010年にNHKに入局。左利き。 最初に配属されたNHK長野放送局で3年間勤め、次にNHK広島放送局で2年間勤務した後、東京アナウンス室に異動した。
    16キロバイト (1,450 語) - 2018年6月5日 (火) 10:00



    (出典 i.pinimg.com)



    1 Egg ★ :2018/06/06(水) 06:22:33.47 ID:CAP_USER9.net

    「局内では報道される前日に離婚すると伝えられました。まだ結婚して1年ですし、スピード離婚にはびっくりです」(フジテレビ関係者)

     NHKの人気女子アナである桑子真帆が離婚すると、5月31日付のサンケイスポーツが報じた。

    「夫はフジテレビの谷岡慎一アナ。同じ年齢のふたりはアナウンサー試験で知り合い、'15年に彼女が広島放送局から東京へ異動になったことで交際がスタート。約2年間の交際を経て、彼女の誕生日である昨年5月30日に入籍したのです」(スポーツ紙記者)

    「子作りを拒否される」
     昨年4月から、彼女はNHKの看板番組である午後9時からの『ニュースウオッチ9』の司会に抜擢。絶対的エースの有働由美子アナが去った今、彼女への期待は大きい。

    「『ブラタモリ』では、共演したタモリさんから絶大な信頼を得ていました。NHKは地方も合わせると500人を超えるアナウンサーがいますが、東京でニュース番組を担当できる人は、ヒエラルキーのトップということ。彼女が過酷な競争を勝ち抜いてこられたのは、おじさんウケのよさがピカイチだったからでしょう」(テレビ誌記者)

     それは、桑子アナにこんな特技があったからだという。

    「とにかく、彼女はお酒の席が大好きなんです。男性とマンツーマンでも、3軒4軒と朝までハシゴして飲んだりする。上司たちも酒席に積極的に付き合う彼女を可愛がっていました」(NHK関係者)

     サンスポが報じた離婚理由は夫婦のすれ違い。記事には翌日の打ち合わせが深夜にまで及び、午前9時50分から始まる『ノンストップ!』(フジテレビ系)にレギュラー出演する夫と一緒の時間が持てないというのだが……。

    「局員は経費削減のため早めの帰宅が義務づけられており彼女も例外ではありません。放送終了後1時間くらいで帰宅しています。打ち合わせが深夜に及ぶことなんて月に1回あるかないかのはず。ほとんど飲み会じゃないでしょうか」(同・NHK関係者)

     週刊女性は5月31日にNHK前で桑子アナに話を聞こうと待っていたが、姿を現したのは午後10時40分ごろ。だが、記者に気づくと踵を返し、局内へ戻ってしまった。

    「谷岡くんは高校時代に野球をしていたことからも、子どもが生まれたら一緒に野球をしたいと言ってました。ただたまに奥さんと会える夜でも“子づくりを拒否される”ってボヤいてました。彼女が産休したくないと……」(別のフジテレビ関係者)

     だからだろうか、寂しさを紛らわせる谷岡のある姿が目撃されていた。

    「彼はよく合コンしていましたよ。今年に入ってからは、特に回数が多くなったような……。まあ、気がきくやつなので、女性にはモテましたよ。奥さんに相手にされないし、そりゃしかたないですよ」(同・フジテレビ関係者)

     NHKとフジテレビに離婚理由について問い合わせたが双方ともに「プライベートについては答えられない」とのことだった。

     今回の離婚が、昨今の彼女の快進撃に響かなければいいんだけど……。

    2018年6月5日 16時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14820623/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【画像&動画】桑子真帆アナが離婚を発表、原因は夫婦のすれ違い】の続きを読む


    有働由美子・桑子真帆・杉浦友紀、NHK女子アナ「春の大改編」の内幕 - 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
    アナウンサーだって勤め人。我らサラリーマンと同様に、査定もあれば昇格もあるし、さらには異動もあるんです。 有働由美子アナが『あさイチ』を降板. 今や質量ともに民放を圧倒するNHKの美女アナ軍団。そのトップ7、通称“神セブン”の顔ぶれが、春の番組改編とともに大変動することになる。“震源地”の一つとなったのが ...
    (出典:週刊女性PRIME [シュージョプライム])



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/03/03(土) 20:12:22.15 ID:k18p06+D0●.net BE:322453424-2BP(2000)


    「今大会も大いなる盛り上がりを見せましたが、女性キャスター陣も、良くも悪くも色々と“魅”せてくれました」(女子アナライター)

     平昌五輪の開会式中継で、いきなりやってしまったのが、NHKの桑子真帆アナ(1987年5月30日生・30歳)。
     「今日の閉会式を通じて力強く表現された平和への願いも大切にしたいですね」
     と開と閉を間違って放送してしまったのだ。
     「一瞬、大会が終わってしまったのかと勘違いしてしまいました。翌日のBS1での再放送では、言い間違いの部分は、見事に“カット”されていました」(スポーツ紙記者)

     五輪キャスター発表会見では、
     「厚いインナーをはじめ、足に張るカイロも持っていきたい。芯から冷えても体の中から熱く伝えたいです」
     と抱負を語っていた桑子アナ。
     「気合いが入りすぎて、ちょっと空回りしてしまいました。しかし、失敗はどのアナウンサーにもあるもの。今後に活かせれば何ら問題はありません」(NHK関係者)

     桑子アナは長野放送局~広島放送局を経て、2015年、東京アナウンス室に異動。バラエティー番組の『ブラタモリ』で大ブレークし、深夜の『ニュースチェック11』を担当、2017年4月、『ニュースウオッチ9』のキャスターに抜擢された。
     「一部で、“ニュースなのに、ニコニコしすぎ”という批判はありますが、昨年大晦日には『紅白』の総合司会を務めるなど、今やNHKを代表する女子アナとなりました。“ポスト有働由美子”の有力候補の1人です」(女子アナウオッチャー)

     プライベートでは、昨年5月、フジテレビの谷岡慎一アナと入籍。“人妻アナ”となった。
     「画面を通してでも、“フェロモン”が増量しているのがよく分かります。*もCからEカップ*になっていると思いますが、彼女の場合、お尻が凄くいいんです。ブラジルのサンバダンサーのように、“プリプリッ”としているんです。突き出たその形は、まるで“桃尻”のようです」(前出・女子アナライター)


    https://wjn.jp/sp/article/detail/5473041/


    【【画像&動画】桑子真帆アナ、お尻が素敵!まるで「桃尻」】の続きを読む


    NHK桑子真帆アナの「消えた」騒動 NHKは「休暇を取っていた」と説明 ... - livedoor
    NHKの桑子真帆アナが19日から「ニュースウオッチ9」に復帰する。桑子アナは平昌五輪開会式の番組の後「姿を見なくなった」と話題になった。NHKは桑子アナについてスポニチに「休暇を取っていた」と説明した.
    (出典:livedoor)



    (出典 daily.c.yimg.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/18(日) 02:35:45.47 ID:CAP_USER9.net

    桑子真帆アナ「発見」される なぜか俳優・和田正人と一緒だった
    2/18(日) 1:22配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/18/0010996152.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000176-dal-ent

    NHKの桑子真帆アナウンサー

    (出典 daily.c.yimg.jp)


    NHKの桑子真帆アナウンサー(30)が、平昌五輪開会式の中継番組で現地司会を務めた後、テレビやSNSで姿を見かけなくなったとネット上で騒ぎになっている件で、俳優・和田正人(38)が17日夜にツイッターで桑子アナと一緒にいることを明かした。

    和田はツイッターで、桑子アナのネット騒動を報じた記事を引用したうえで「ここにいますよ」と投稿。和田が指さす横で、桑子アナがきょとんとした顔で写っている写真をアップした。

    桑子アナは平昌で開会式の司会を務めた後は、キャスターを務める「ニュースウオッチ9」のツイッターでの現地報告も止まっており、ネット上で「五輪開会式以来、桑子ちゃんを見かけない」「桑子さん どこへ行ってしまったの?」「心配しています」「桑子真帆が消えた」と心配する声が集まっている。

    中には、桑子アナの五輪開会式中継での言い間違えを指して「閉会式と言い間違えたからなのですか?」と案じる声もあった。

    ◆関連スレッド
    【女子アナ】NHK桑子真帆アナが五輪から「消えた」とネットで騒ぎに 「閉会式と言い間違えたから?」と案じる声も
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1518866000/


    【【画像&動画】桑子真帆アナの居場所が判明、俳優・和田正人と一緒にいた】の続きを読む


    平昌五輪「美女キャスター」たちの視聴率戦争|ニフティニュース - ニフティニュース
    2月9日、“最も寒い冬季五輪”が韓国・平昌で開幕した。日本とは時差がなく観戦しやすいので、お茶の間で“ホット”に日の丸選手を応援しているファンも多いことだろう。そんな五輪をさらに盛り上げ、視聴率を獲得せんと、この2週間はテレビ各局も勝負をかけている。「氷上、雪上の熱き戦いに華を添える、美女キャスターたちの ...
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)



    1 ストラト ★ :2018/02/17(土) 20:13:20.41 ID:CAP_USER9.net

    NHKの桑子真帆アナウンサー(30)が、9日に平昌五輪開会式の中継番組で現地司会を務めた後、テレビやSNSでも姿を見かけなくなったと心配する投稿が、ネット上で相次いでいる。

    桑子アナがキャスターを務める「ニュースウオッチ9」のSNSでは、今月5日付で「きょうから2週間、桑子キャスターにかわって、保里リポーターがキャスターを務めます」と告知しており、同番組に関してはまだ休演期間中。
    ただ、5日に同SNSで平昌入りを報告した桑子アナは「会場の様子や、私たちが撮影した写真など、色々と載せていく予定です」と記し、連日、現地の様子などをツイートしていたが、10日以降はツイートがストップ。
    14日付で番組インスタグラムに「お花の自販機」を発見した写真を投稿するに止まっている。

    そのインスタでは、「街を取材」していると記しているが、視聴者は桑子アナが月-金でテレビに出演することに慣れているせいか、ネット上には「五輪開会式以来、桑子ちゃんを見かけない」「桑子さん どこへ行ってしまったの?」「心配しています」「桑子真帆が消えた」と心配する声が集まっている。

    中には、桑子アナの五輪開会式中継での言い間違えを指して「閉会式と言い間違えたからなのですか?」と案じる声もある。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000145-dal-ent

    桑子真帆アナ

    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【【画像&動画】桑子真帆アナが五輪中継から姿を見かけなくなり、ネットから心配の声が 言い間違えがあったからと案じる声も】の続きを読む


    NHKミサイル誤報、原因は「速報配信装置を誤操作」…桑子真帆アナが説明・謝罪 - デイリースポーツ
    NHKが16日、ニュースサイトで「北朝鮮ミサイル発射の模様」という誤報を流し、訂正、謝罪した。 NHKは午後9時からの「ニュースウオッチ9」で桑子真帆アナが、北朝鮮情勢のニュースを報じた後に、NHKの誤報があったことを伝え、その原因について「速報をネット上に配信する装置を誤って操作したものでした。申し訳ありま ...
    (出典:デイリースポーツ)


    桑子 真帆(くわこ まほ、1987年5月30日 - )は、NHKのアナウンサー。 神奈川県出身。 私立鴎友学園女子高等学校、東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)卒業。 2010年にNHKに入局。 大学生時代はサークル活動で、ブラジル音楽のバンドでサックス、打楽器を担当。
    13キロバイト (1,250 語) - 2018年2月8日 (木) 15:48



    (出典 i.pinimg.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/10(土) 13:55:08.91 ID:CAP_USER9.net

    NHK桑子真帆アナ 平昌五輪開会式を「閉会式」再放送は言い間違いカット
    2018年2月10日 12:05 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/10/kiji/20180210s00041000137000c.html

    NHK桑子アナ Photo By スポニチ

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    NHKの桑子真帆アナウンサー(30)が9日夜、平昌五輪の開会式生中継(後7・30〜10・30)に出演。番組の最後に「閉会式」と言い間違えるハプニングがあった。

    「きょうの閉会式を通じて力強く表現された平和への願いも大切にしたいですね」。少し間があり、冨坂和男アナウンサー(50)が「平昌オリンピックスタジアムから開会式の模様をお伝えいたしました」と言い、そのまま番組は終了。桑子アナのミスの訂正はなかった。

    インターネット上には「桑子アナは間違ってないw演出が閉会式ぽいと思ったもの」などとフォローする声もあった。

    一夜明けた10日、NHK BS1で開会式を再放送(前9・00〜11・19)。桑子アナの実況は「力強く表現された平和への願いも大切にしたいですね」。言い間違いの部分はカットされた。

    ◆関連スレッド
    【NHK】桑子真帆アナ、開会式を「閉会式」 番組はそのまま終了★3
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1518220597/
    【NHK】桑子真帆アナ、開会式を「閉会式」 番組はそのまま終了★3
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1518220605/


    【【画像&動画】桑子真帆アナが平昌五輪開会式を「閉会式」ネットではフォローの声も】の続きを読む

    このページのトップヘ