女子アナ&人気キャスターまとめブログ

今テレビで観ない日はない人気女子アナ(フリーアナウンサー)とキャスターの最新情報ををお届けします。現在得に人気な日テレとフジテレビ女子アナ&セントフォース所属のキャスター、フリーアナウンサーを中心にプロフィールと公式サイト、スレッドなどを2chから集めています。

    カテゴリ: 久慈 暁子



    (出典 justdoit1.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2017/10/09(月) 20:40:51.82 ID:dIMKxAeH0●.net BE:322453424-2BP(2000)


    今回取り上げるのは、フジテレビに今春入社の新人アナ、久慈暁子さん。「パン」シリーズの10代目で、現在、冠番組『クジパン』を持っている。
     眼光が優しく、丸額(女額の代表格)で、玄武(額の両サイドの生え際の張り出し。男性に多い)がなく、相学的には見た目よりなお(良しにつけ悪しきにつけ)女性的な顔相だ。
     大きな耳が高めの位置にあって、警戒心が強く、いかにも草食動物的で安定指向。一方、エロスの点では、もみあげが豊かで濃く、眉も太長く、かつ、臥蚕(下瞼の睫毛の生えたサヤエンドウ形の部分)がぷっくりと張っており、男女両方の性ホルモンが豊かで、性感鋭敏にして性欲旺盛。今後、相応の男性遍歴を重ねそうな女相だ。

     丸目で、かつ目頭に深い切れ込みがあるのは、恋愛や*に機略を持ち込め、計算づくで媚びたり、おもねったりできる相。唇に歓待紋(細かな縦皺)が多く、こちらは純粋に男性に尽くす相。いずれもモテ相で、男心のコントロールに長けており、男縁は多い。
     上瞼のラインが(特にフジ入社直後が)目尻のところでややひしゃげており、芯の弱い八方美人の相で、どんな男にも調子を合わせてしまい、性愛の場面でも相手の言いなりになりがち。
     黒目が大きく、情感豊かで、その黒目に浮光(水気で滲んだような艶)がのっていることがあり、今後、淫蕩に流れる資質も持っている。
     左の首筋にある目立つホクロは「博愛ボクロ」で、前述の上瞼相の傾向を強め、(ともに目立たないが)上唇の中央やや右寄りのホクロと右臥蚕にあるホクロが、どちらも色難を暗示しているので、モテるぶん(表沙汰になるかどうかは別に)男性関係で悩みを抱えることになりそうだ。
     【*度】は高く、現時点でも「4」。本連載ではモテ相は【尻軽度】に算入するため、それも「4」寄りながら、満点の「5」となった。

     やや大きめの口で門歯が大きく、濃いもみあげから、スタミナの点でも不足はなく、ベッドに上がれば回数をこなせる。【絶倫度】は「3」。
     先天的名器度が現れる、耳の穴の手前にある溝は良形も、やや広め。口元の締まりは平凡ながら、肉付きは豊か。【名器度】も「3」と観た。
     弓なりの眉が辛うじてあげまん要素ながら、肝心の眼形が(下瞼ラインが上がる)あげまん相ではなく、【あげまん度】は「2」。

     準頭(鼻の頭)が丸々と大きく、正面から鼻孔が覗かず、眉相と耳相が穏やかなのは良妻の相。アゴ先から頬にかけてが広く、家庭愛に厚くて晩年運もよい。彼女の生涯の伴侶になれた男は、周囲からの誘惑が心配なものの、やはり果報者と言わねばならない。

    http://wjn.jp/sp/article/detail/7267692/


    【【画像あり】久慈暁子アナについて】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/18(水) 09:23:05.98 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビの久慈暁子アナウンサーが北海道日本ハムファイターズの大谷翔平を「取材してきた」と番組で発言し、衝撃が走っている。
    大谷を取材できるのは、原則的にスポーツ担当で日本ハムの番記者ぐらいだ。それをスポーツ担当でもない久慈アナができたのだという。

    「昨年、フリーアナウンサーの加藤綾子が大谷に単独取材をした際、恋愛話まで聞き出そうとしたことで、加藤は球団から出入り禁止措置をとられました。
    それとともに、日本ハムも女子アナの取材に関して厳しくなったのです」(スポーツ紙記者)

    久慈アナは10月10日放送の『めざましテレビ』のスポーツコーナーで大谷を取材したと明かした。

    「久慈アナは今季の日本ハムの最終戦があった9日に取材したようです。
    取材をしたことを口にしたのは、うっかりしていたのか、それともほかの女子アナをけん制するためなのか、その真意は分かりません。
    しかし、スポーツアナでもないのに、よく取材できたなというのが感想です」(同・記者)

    「大谷に手を出すな」

    久慈アナは、めざましテレビではトレンドを中心としたコーナーの司会を担当しており、スポーツニュースの担当ではない。

    「久慈アナは番組では表向き『ファッションが好きなので流行ものを扱いたい』と言っています。でもそれは嘘で、彼女は新人歓迎会の席で『スポーツ担当になりたいです』と言っていました。
    その理由は“大谷担当”になりたいということです」(フジテレビ関係者)

    久慈アナは大谷と同じ岩手県奥州市出身。大学時代には同市の公式広報誌上で奥州市長を囲み3人で対談をしたこともある。

    「めざましテレビで大谷を取材したことをあえて明かしたのは、
    今後は自分が“大谷番”になると宣言したようなものでしょう。現在、民放キー局の女子アナで大谷をまともに取材できる人はいません。
    新人とはいえ、自分だけはできるということのアピールなのでしょう。
    他局の先輩アナに対しても『大谷に手を出すな』という意味合いもあるはずです」(同・関係者)

    自局のみならず他局の先輩アナウンサーから恨みを買わなければいいが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1366335/
    2017.10.17 21:00 まいじつ


    (出典 i2.wp.com)


    (出典 justdoit1.com)


    (出典 ono-nobu.com)


    (出典 geinou-scandal999.com)


    (出典 scontent.cdninstagram.com)


    (出典 scontent.cdninstagram.com)


    (出典 www.sanspo.com)


    【【画像あり】久慈暁子アナが番組で普段は難しい大谷翔平に取材をしてきた事を告白! 】の続きを読む



    (出典 www.zoomic.jp)



    1 胸のときめき ★@\(^o^)/ :2017/08/21(月) 22:05:48.30 ID:CAP_USER9.net

    周囲が羨む美女が並び立てば、必ず起こるのが大ゲンカ。怖いけど見てみたいテレビのウラ側をスクープ!

     テレビ界は椅子取りゲーム。中でも椅子の数に限りがある女子アナたちの間では日々、争いの火ダネが転がっている。
    画面には映らない女子アナ犬猿バトル夏の陣、壮絶七番勝負をお届けしたい。

     まずは、入社間もない新人にもかかわらず、「現場が困惑するほどの仲の悪さ」と噂されているのが、フジテレビの久慈暁子アナ(23)と
    海老原優香アナ(23)。東京湾が血に染まるかもしれない「お台場ルーキー戦争」を、女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が解説する。

    「入社前に、ノンノモデルから女優業までこなしていた久慈アナは、ルックスも経歴も別格。歴代女子アナトップのオールラウンダー。
    一方の海老原アナはミス学習院ですが、肩書的には劣る。久慈アナはメインを務める番組『クジパン』がすでに始まっていますし、
    海老原アナは確実に自分との差を感じているでしょう」

     そこに生まれる感情とは、嫉妬に違いない。「昔、中野美奈子を同期に持った中村仁美が、電話を取る際、“アイドルじゃないほうの新人です”と
    名乗り、嫉妬心を燃やしていた」(前同)という話もある通り、美女アナの採用にこだわるフジでは、まま起こるバトルなのだ。しかし、事態はそれだけに止まらない。

    「久慈アナはまだ入社3か月にもかかわらず、7月10日からフジの看板番組『めざましテレビ』に異例の抜擢をされたんです。そのことで、
    他の“めざまし女子アナ”たちが“代わりに飛ばされるのは誰!?”と戦々恐々の状態になっています。特に、宮司愛海アナは、自分の首が危ないと
    感じているのか、久慈アナとは距離を置いているようですよ」(放送作家)


    (出典 img.taishu.jp)

    https://taishu.jp/detail/29044/


    【【画像あり】【衝撃】フジテレビ久慈暁子アナと海老原優香アナの同期アナ犬猿バトル勃発!】の続きを読む



    (出典 s-media-cache-ak0.pinimg.com)



    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/08/29(火) 02:19:03.21 ID:6C5LiWGKa.net

    フジテレビの大型新人、久慈暁子アナ(23)にうれしい“エロ疑惑”が出てきた。
    どうやら「剛毛」「剃毛」「巨大ワレメ」が、本人の悩みらしいのだ。

    久慈アナは青山学院時代、モデルとして活躍。芸能プロに所属し、有名女性誌の専属モデルも務めた。
    「旭化成のキャンギャルもやっていましたし、かなりの露出も平気。
    極少ビキニで男性ファンを魅了したものです。T166センチ、B80・W58・H83のスリム体型ですが
    股間のモッコリは“大盛り”系。スタイルのよさより股間に目がいきます」(アイドルライター)

    局を挙げて推すだけの逸材ではあるが、実は本人も悩む弱点があることを本誌は入手した。
    「彼女は眉毛が濃く、まつ毛も多めで、それが顔をクッキリさせて美人度を高めている。
    でも、一方では相当の毛深さで髪の毛の量などを見ると、普通の女子よりかなり多いですね。
    彼女はモデル時代に『私、毛深いのが悩みなの』と言っていました。
    ワキ、腕、脚の処理が追いつかなかったそうです」(女性誌編集者)

    とくに彼女はビキニ姿を披露していただけに、なおさら大変だったようだ。
    「ワレメが上付きで、正面からモロ見えの“巨大ワレメ”らしいのです。
    だから毎日の剃毛が大変だったとか。過去のビキニ写真にはヘソの下に“青剃り”も見えました」(同)

    新人アナの剃毛ワレメに注目だ。
    http://wjn.jp/sp/article/detail/0253926/


    【【画像あり】久慈暁子アナが体の悩みを告白!『私、毛深いのが悩みなの』】の続きを読む



    (出典 tarot-channeling.com)



    【【画像あり】フジテレビ久慈暁子アナかわいい!!】の続きを読む

    このページのトップヘ