人気女子アナ&アイドルまとめブログ

今テレビを賑わせている人気女子アナ(フリーアナウンサー)とアイドルの情報をまとめています。女子アナは今テレビで見ない日はないテレビ各局の女子アナとフリーアナウンサーの情報を、アイドルは今大人気のAKB48と乃木坂46のグループとメンバーの情報を2chから集めています。

    カテゴリ: 加藤綾子


    加藤綾子の振り袖姿に「このオバチャン誰?」の声 - アサジョ (ブログ)
    フリーアナウンサーの加藤綾子が1月14日に行われた「平成30年用年賀お年玉くじ抽せん会」に出席した。この日のカトパンは赤を基調とした晴れ着姿。お年玉くじの抽選に華を添えた。 だが、一部ではカトパンのこの日の“見た目”が話題になっているという。 「メイクがよくなかったのかもしれませんが、肌がくすんで見え ...
    (出典:アサジョ (ブログ))


    『カトパン』は、2008年度フジテレビ新人アナウンサーの加藤綾子が司会を務めた、フジテレビの深夜トークバラエティ番組。フジテレビ新人アナウンサーによる『○○パン』シリーズの第4弾で、加藤の愛称にもなっている。 当番組は、2008年9月26日まで放送していた生野陽子(フジテレビアナウンサー)司会に
    9キロバイト (889 語) - 2017年7月28日 (金) 03:07



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    2 名無しでいいとも! :2018/01/24(水) 20:47:55.83 ID:B2xF1ZFL0.net

    競技場で加藤綾子アナウンサーに出会いました?
    万博記念公園の陸上競技場でマラソンランナーの取材にいらっしゃっていたカトパンに、
    僕の練習終わりに写真をお願いしたら快く一緒に撮って頂きました。
    美人なのはテレビと実物も同じでしたが、笑顔で喋ってくれたり、
    マネージャーは無理っぽい感じを醸し出していましたが、
    加藤アナウンサー本人に話しかけたら写真も快諾?
    僕のカトパンへの高感度はめちゃめちゃアップしました
    http://www.facebook.com/masaru.inaji/posts/536857260006383

    (出典 n.pd.kzho.net)


    【【画像&動画】加藤綾子アナに会って来ました!】の続きを読む


    加藤綾子の振り袖姿に「このオバチャン誰?」の声 - アサジョ (ブログ)
    フリーアナウンサーの加藤綾子が1月14日に行われた「平成30年用年賀お年玉くじ抽せん会」に出席した。この日のカトパンは赤を基調とした晴れ着姿。お年玉くじの抽選に華を添えた。 だが、一部ではカトパンのこの日の“見た目”が話題になっているという。 「メイクがよくなかったのかもしれませんが、肌がくすんで見え ...
    (出典:アサジョ (ブログ))


    加藤 綾子(かとう あやこ、1985年4月23日 - )は、日本のフリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。 埼玉県三郷市出身。身長166cm。 家族は両親と2歳上の兄。 国立音楽大学附属高等学校、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科・幼児教育専修卒業。LE
    35キロバイト (5,153 語) - 2018年1月18日 (木) 05:45



    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 きゅう ★@\(^o^)/ :2017/07/30(日) 16:27:00.46 ID:CAP_USER9.net

     フジテレビに今年入社した新人アナウンサー・久慈暁子(23)が、目覚ましい活躍を見せている。今月3日からは自身の冠番組『クジパン』(フジテレビ系)がスタートしたほか、朝の情報番組『めざましテレビ』(同)にも出演。入社3カ月にして、早くも人気看板アナウンサーとして台頭している。

     久慈が活躍を見せる一方で、苦境に立たされることになるかもしれないのが、元フジテレビアナウンサーの加藤綾子(32)だ。加藤は昨年4月末に退社以降も、『ホンマでっか!?TV』、『スポーツLIFE HERO’S』(共に同)などにキャスターとして出演。メインとするレギュラー番組は、主に古巣であるフジテレビであった。しかし、退社から1年たった今、徐々にその地位が危ぶまれていると一部メディアなどが報じ始めている。

     その背景にあるのが、フジテレビの今年行われた人事異動だ。フジテレビでは、6月に亀山千広氏(61)が社長を退任し、新社長にはBSフジの社長をつとめる宮内正喜氏(73)が就任した。新体制となったフジテレビにおいて注力しているのが、従来の亀山体制の一掃とも言われている。

     なかでも加藤はフジテレビ在籍時、亀山氏が社長をつとめていたことから、「亀山氏カラー」が強いアナウンサーともされている。さらに宮内氏がコストカッターとしての一面を持っていることから、極力局アナから起用するのではないかとも囁かれているのだ。
    「加藤は良くも悪くも、典型的なフジテレビらしい女子アナでした。華やかなルックスや男性ウケが良い点、そしてバラエティ番組ではアシスタントとして、芸人と上手く絡む点も評価が高く、タレント色の強い部分がありました。こうしたフジ独特のカラーがしっかり付いた状態でフリーになったため、他局の番組に出るにしても馴染みにくいのではという声があります。アシスタントとして出演するにしても、同じフリーであるならば、その局のOGをとる方がいいという声もあるとか」(芸能記者)

    『クジパン』の初回には加藤がゲストとして登場し、久慈を絶賛。しかしそんな久慈に、自らのポストを奪われてしまうということは避けたいところだろう。

    ■移籍してきたあのタレントがキーパーソンに?
     さらに、現在ジャパン・ミュージックエンタターテイメントに所属している加藤だが、過日同事務所に、タレントの磯野貴理子(53)が移籍することが報じられた。磯野は、長年籍を置いていた石井光三オフィスを昨年退社し、1年間フリーとして活動をしていたが、来月1日付から加藤と同じ事務所に籍を置く運びになったようだ。

     加藤と磯野は、『ほんまでっか!?TV』で共演している。それ以外には何の接点もなさそうであるが、今後加藤を巻きこむある案が浮上しているという。
    「磯野を加藤のバーターとしてバラエティに積極的に出演・共演させるようです。ですが、実質は磯野のバーターとして加藤を出させ、バラエティに揉まれることを目的としているのだとか。加藤にとっては今が正念場というところなのかもしれません」(前出・芸能記者)

     今年の4月に加藤は『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演、初めて他局の番組に登場したり、5月には『谷原章介の25時ごはん』(TBS系)にも出演し、徐々に他局出演の解禁を進めてきている。フリーアナウンサー以外の肩書が加藤につく日も近いかもしれない。

    文・佐々木浩司(ささき・こうじ)
    ※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1339250/


    【【画像&動画】加藤綾子アナ、若手女子アナの活躍でテレビ出演減少の危機】の続きを読む



    (出典 yes-sports.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2017/10/05(木) 18:33:37.90 ID:h7OZCw4M0●.net BE:322453424-2BP(2000)


    “ホンマでっか!?”
     「2人が“共演”している番組名そのものですね。あるあると噂になっていましたが、まさかニューヨークとは…」(芸能レポーター)

     カトパンことフリーアナウンサーの加藤綾子(32)と明石家さんま(62)の“ニューヨーク密会デート”が明らかになった。
     「2人とも休暇中で、人気レストランで食事を楽しんでいたそうです。この時、さんまが“俺の子を産んでくれないか”と言ったと噂になっています。還暦をすぎたあたりから、よく“引退”を口にするようになったさんま。老後に一抹の不安を感じているようで、カトパンには“最後の女”になって欲しいという願望があるのです」(芸能ライター)

     カトパンにとってさんまは、フジテレビ入社の翌'09年に『ホンマでっか!?TV』のMCを担当して以来の付き合い。
     「今でこそカトパンは、型にとらわれずにアドリブにも強いスーパーアナとなりましたが、入社直後は女子アナらしく振る舞おうとしたせいか、優等生的な言動が目立っていました」(女子アナウオッチャー)

     そんなカトパンの“殻”を打ち砕いたのが、さんまだった。
     「『なんやねん、オマエ。いつもカッコつけやがって』というさんまの一言で、自分らしくやっていこうと気づいたそうです」(同)

     大竹しのぶと離婚後、八木亜希子や浅田美代子らと浮名を流してきたさんま。
     「AV女優による“ハニートラップ”に、まんまと引っかかったこともあったし、綾瀬はるかや長澤まさみにトーク番組の中で“公開プロポーズ”したこともありました。さんまは、*の大きい子がタイプなんです」(芸能レポーター)

     一人暮らしの寂しさもあるという。
     「夜中、小腹が減って即席焼そばを食べようと“湯切り”をした時、ステンレスの流しが熱湯によって“ボッコン”となって孤独をしみじみと感じたそうです。“洗濯女・掃除女”はいるようですが、ちゃんとした女房が欲しいようです」(お笑い関係者)

     それにしても、カトパンとは30歳差。子作りは大丈夫なのだろうか。
     「大丈夫です。おたく(週刊実話)が報じた、あの鋼鉄の*力は健在です。“俺のはメジャー級や”と猛アピールしていたようです」(芸能関係者)

     “一発”逆転! Eカップ*のカトパンは“どストライク”。

    http://wjn.jp/sp/article/detail/7024342/


    【【画像あり】明石家さんまと 加藤綾子アナが海外で密会デート?】の続きを読む



    (出典 parts.news-postseven.com)



    1 Egg ★ :2017/10/13(金) 05:59:12.18 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナウンサーの加藤綾子がドラマに初出演する。10月14日放送のフジテレビ『世にも奇妙な物語’17 秋の特別編』の短編作品『女子力』で“インスタ映え”する写真の撮影に夢中になる女性役を演じる。フジテレビ在籍時にアナウンサー役などを経験したことはあったが、本格的な演技をするのは今回が初めてだ。

    「加藤は撮影現場で緊張した様子でしたが、演技は堂々としたもので、台詞もきちんと言えていました。何よりも直感に優れているので役柄の特徴をすぐにつかむことができています。取り立てて演技の訓練をしていないのに、すぐにこなせるというのは才能がある証拠でしょう」(演出家)

    ドラマは、インスタグラムに投稿する写真の撮影に夢中になる女性(加藤)と、その同僚(佐藤みゆき)の物語。ビル屋上の柵を越えて写真を撮ろうとしたところ、足を滑らせて落ちそうになる同僚と、その手をつかんで必死に支える女性の運命を描く。見栄えに気を取られる現代の風潮にスポットを当てたシュールな作品だ。

     
    ■今後ドラマへの出演も増加か

    「ビルの屋上という特異な設定で、焦る場面は臨場感たっぷりでした。この演技が評価されれば、これからは深夜ドラマなどにも呼ばれるかもしれません」(同・演出家)

    そんな高評価をよそに、加藤本人はカメラの前でニュースを伝えるアナウンサー業との違いに難しさも感じたようで、演技については「放送を客観的に見てから評価してみたいと思います」と苦笑いだった。それでも「屋上に行くことも、屋上から落ちそうになっている人の手をつかんで支えることも、普通はできない経験。すごく楽しかったです」と満足そうに振り返っていた。

    「このところフリーランスの女子アナが多過ぎて、仕事にはあぶれる状況が続いています。女優という道は加藤にとって、これからの進路を示すいい選択枝かもしれません」(同・演出家)

    かつて一世を風靡した“カトパン”が女優へ転身する日は来るか。

    まいじつ 2017.10.12 19:30
    https://myjitsu.jp/archives/33638

    写真

    (出典 myjitsu.jp)


    【【画像あり】加藤綾子アナがドラマデビュー!今後ドラマの出演が増える可能性は?】の続きを読む



    (出典 scontent.cdninstagram.com)



    1 きゅう ★ :2017/12/29(金) 18:06:40.89 ID:CAP_USER9.net

     昨年4月にフリーアナウンサーに転身した元フジテレビの加藤綾子(32)が、バラエティー番組『妄想ふくらむフグ女たち』(読売テレビ/12月15日放送)の司会に抜擢。タレントの久本雅美(59)らと妄想トークをさく裂させる内容で、4月以降にプライム帯でレギュラー化が検討されている優良コンテンツという。
     「すでに3月にも放送され、高視聴率をゲット。今回も、24時をすぎた深夜帯にもかかわらず視聴率3.2%の好成績で、編成部もレギュラー化に動き出したそうです」(テレビ事情通)

     これに動揺を隠せないのがフジテレビだ。
     「フジの上層部や現場のスタッフの大半はいまだにカトパンを“フジの人”“フジ派だ”と公言して憚らない状態なんです。だが、当の本人にそんな気持ちはひとかけらもない。カトパンが最近、興味津々なのは、テレビ界No.1の日本テレビです。事実、6月にも特番『実は…のハナシ。』の司会にジャーナリスト、池上彰氏とともに起用され話題になったばかり。今回は系列の読売テレビですが、レギュラー化が浮上したとなれば、フジにとっては一大事です」(芸能プロ関係者)

     ドラマやバラエティー番組などが軒並み大コケし、もはやテレビ局として体をなしていないと言われるフジ。同局にとってカトパンは、そこらのタレントよりも重要な人材なのだという。
     「キャスティングする際、芸能プロダクションにフジテレビと名乗っただけで露骨に嫌な反応をされてしまうんです。そんな中にあってカトパンは唯一、フジを堂々と名乗れるタレントだったんです。そこに日テレが割り込んできた。フジ関係者の慌てぶりは想像以上です」(編成関係者)

     慌てたフジが取った対応策が、平昌五輪のメーンキャスターのポジション。
     「正直、局内には、現職で所属する宮澤智アナや永島優美アナを起用すればという声もあった。でも、カトパンの安定感には及ばない。出演料は2週間完全拘束で1000万円だったとのことです」(制作会社幹部)

     ちなみに、日テレがカトパンに支払った額は30万円~。金額だけを比較する限り、フジの圧勝なのだが…。

    http://wjn.jp/article/detail/0626047/

    (出典 images.wjn.jp)


    【【画像あり】フジテレビが加藤綾子アナの日テレ流失を止める理由は?】の続きを読む

    このページのトップヘ